いいな!を噛み砕いてみる

 

今日はイイナ!の日ですね(強引)

最近いいな!と思ったことってありましたか??

すぐに言えますか?

 


 

いいな!と興味を持ったもの、気になったことって

探そうと思えばたくさん見つかるものです。

「探そうと思えば」ですけれども。

逆に嫌なこと、めんどくさいことって

探さなくてもそのへんゴロゴロとたくさん落ちているように

感じられる~という方もいるのかもしれません。

 

 

確か学生時代に

「自分がいいなと思ったことには必ず理由があるはずだから

なぜそれがいいのかを言語化できるようにしたほうがいい」

と教わったことがありました。

作品をいいね!と言われることはあっても

何がいいのか?どこがいいと思ったのか?

具体的にどこ部分がいいのか?

はっきりと理由を示していいねと言われることって少ないんです。

髪型とか服ならわかりやすいんですけどもね。

なのですごく一人で悩んだりもしました。

逆に自分も言えなかったりするなって。

 

 

とはいえ、

「なんか、いい」という認識って好みもありますけど、

いろんな人に共通した「いいね!レベル」があると思います。

クオリティが高くていいとか、世界観がいいとか、

【うまくいえないけどいい(気に入った)】という

好意的な曖昧さがあるような気がします。

 

 

 

何がいいと思ったのか?

色?形??値段?特典?世界観?

具体的に掘り下げて掘り下げていくと

いろんな分野の「なんか好き」も

自分にとっての価値基準が見えてくると思います。

逆に嫌いなものとか、嫌なものだと

はっきりと○○がイヤ、この○○が嫌と

理由がすぐに浮かぶのかなと思います。

(それをなぜなぜ突き詰めていけばブロック解除ですね)

 

 


 

 

自分の基準を知るには、

自分の「いいな」「なんか好き」「気になる」

「うまく言えないけどこういうのいいな」とか

霞みのようなふんわりしたいいな! から、

ハッキリクッキリとした超~いいな! までの

いいなレベルのどの部分のいいな!なのか。

なぜいいと思ったのか?を突き詰めれば、

より自分が興味がある分野が広がるかもしれません。

自分のいいなの範囲もわかってくるのかなと思います。

(書きださないと客観視しにくいですけども)

 

 

人生は長いようで短いですし、

自由に体が動くのもリミットがあります。

いやいやなことを繰り返すまいと

他人への怒りや妬み、嫌な出来事を思い出して

わざわざ自分のエネルギーを向けるよりも、

自分が「いいな!」と思うものにエネルギーを注いでいきましょー。

いいな!というのが言語化しやすくなったら、

自分にとって合うあわないのエネルギーの違いというのも

言語化できるんだろうなと思いますから。

 

 

エネルギーワークの微細な違いって

自分の好きなことの微妙な違いにも通じまっせ、ということです。

違いを知るにはクリアな自分から!ということで

エネルギーデトックスワークで

ゴッッソォリ不要なエネルギーをデトックスしたら

より自分のいいな!と思うアンテナもクリアになっていきますよ。

お待ちしてまーす!

 

APPOINTMENT