アートのススメ

 

昨日、酔っぱらってていつのまにか早く寝たんですけれど、

地震で高層ビルがたくさんリアルに横揺れしているのを目撃した夢でした。

ヤベェ・・・って思いました(危機感)。

起きてから新潟の地震を知ったんですが・・・。

夢の世界って潜在意識なんだなぁってタイムリーに実感しました。

まさか、酔っぱらってたから地震の夢・・ではないと思うんだがなぁ。

 

そんな後味悪い目覚めの今日は、

エネルギー補給!!!ということで、

横浜美術館へ行ってきました~。

 


 

以前もめちゃくちゃ私の推しなんですよ!と

ご紹介した美術作家の菅木志雄

もの派というアートで有名な作家さんです。

 

好きなものは好き



 

私はもの派の作品が大好きで大好きで大好きなのですよ。

この作家さんの作品目当てで行ってきました。

 

 

コレクション展なので、自分の好みの作家以外の

アートも楽しめるのです。

私は専門がガラス工芸なんですが、

エミールガレとかの古典よりも

現代アートや彫刻寄りなんですね。

現代ガラスアートで知らない人はいない、

スタジオグラスで有名な作家さんの作品があったりして、

ど肝を抜かれました。

(うっそぉ、こんなところに・・・!!)

 

他にも大御所のアーティストの作品が目白押しでして、

こりゃーすごいや~~と唸ってきました。

 

いやはや、目当ての作家以外にも超テンション上がって、

観てきてよかったなぁと思いました。

もちろん美術館企画のコレクション展なので自分の

好きじゃない作品もたくさんあるんですけれども。

 


 

私が好きなジャンルは万人受けではないので、

全然わからない。という方もいて当然なんです。

言ってしまえばわかってくれなくてもいいんです。

マニアックなオタクジャンルだと思っていただければ

わかりやすいかもしれません。

 

 

「考えるな、感じろ!」ってことです。

とはいえ現代アートはわかりにくかったりもするので、

音声ガイドの貸し出しなどがあれば積極的に聞いてみるのが

オススメです。

わからないまま観るよりは深い背景までわかりますのでね。

 

 

とはいえ、私はやっぱりもの派が好きだなぁ~~と再確認しました。

もの派の有名どころでは、直島の李禹煥美術館が有名です。

大学生の時に李禹煥の最後の講義をかじりついて聴講していたのですが、

当時は難しすぎてさっぱりわからなかったんですがね( ^ω^)・・・。

 

今ならわかりますが。

本質はいたってシンプルなんですよね。

今日は展示の中でもわかりやすい解釈があって、

しばらく感じるまま感じてきました。

 


 

心が洗われたり、感性を磨くのにも

アートの展示を見るのはお勧めですよー。

必ずしも有名な展示じゃなくても、

ギャラリーでもいろんなテーマや視点で企画展してたりしますので。

 

 

美術館にも特色があって、どういった作品を収蔵しているかで

傾向がわかったりもします。

ビエンナーレ、トリエンナーレとかよくやっている地方では

特色があったりしますしね。

 

 

心を豊かにするのは、なにもお金の力だけではないのです。

漫画でもアニメでもいろーーんな作品や考え方に触れてみると、

使っていなかった感受性の筋肉が反応するんです。

たまには使っていない感性もリフレッシュさせることで、

感じるアンテナも磨くことができるのでオススメですよー。