アート日帰り旅

 

今日はどうしても観たい展示があって、

朝からぷらっと軽井沢に行ってきました。

 


 

朝イチに行ったんですが、

レンタサイクルで過酷な坂を乗り越えて観た

目当ての展示は小ぶりでしたが、来てよかったなぁー!!と思いました。

 

ミュージアムショップで最近のアートグッズに埋もれて

知る人ぞ知る作家の作品集やレアな図録やカタログが地味に置かれていて、

それも販売しているとのこと。

しかもモノによって格安。まじか。

私の推し作家の絶版かつプレミアものの

大型作品集があったのですが、それは非売品ということで断念。

接客していただくうちに、奥から館長さんっぽい人が

その推し作家の別の大型本を持ってきて(これも絶番でレア)、

定価の半額ということで

すぱーんと「買ったああああああ!!!!!(即決)」

ほんとに!?美術館所蔵の作品集で!?

超状態いいし、うわわわわああ来てよかったああああ!

と感謝感激!でした。

とっても親切で鑑賞後に

飲み物と美味しいクッキーも無料で頂けました。

 


 

ただ、朝イチで企画展を観るために来たので

その2キロある大型本を引っ提げて自転車でいろいろと観光し、

最終的には別の美術館で他の本も買い、併せて4.5キロのカタログや作品集と

お土産を持って帰るのは大変でした。

もうね、米袋担ぐ勢いっていう( ^ω^)・・・。

(お土産は計画的に)

 

 

冬の軽井沢といえばドラマのカルテットかなと(高橋一生好き)

ロケ地めぐりでもしようかと思ったんですが

時間がなく断念。

途中で滝のマイナスイオンで癒されたり、

別荘地の高級別荘っぷりを鑑賞してみたり、

ご当地高原ビールを飲んだり

燃えるようなきれいな夕焼けを見かけたりと満喫してきました。

 



 

そして帰りの発車時間になるまで

アウトレットをぶらついて、

あるお店に入ろうとしたら、入口に犬を連れたドン小西がいました。

( ゚o゚)!

 

 

(脳内)

あっ!ドン小西だ!!

見たまんまや!犬もいる!

ドン小西ドン小西ドン小西・・・エンドレス

(店員さんによくわからない業界用語の説明をしていた)

 


 

というわけで、

弾丸アート日帰り旅はドン小西の強烈なインパクトで

クライマックスを迎えたのでした( ^ω^)・・・。

軽井沢に行ったらまたきっと思い出すであろうドン小西・・・。

軽井沢=カルテットのイメージがドン小西になったよありがとうドン小西・・。

というわけで、軽井沢に行ったら

まさかの出来事やいろいろな出会いがあるかもしれませんよ。