スピ断ちとセラピスト活動終了のお知らせ その1

 

いきなりかもしれませんが、

私は3/20をもちましてスピ断ちをします。

スピ断ちに伴い、エネルギーデトックスワークの

セラピスト活動も終了します。

 

 

 

もともと去年の秋ごろから、

腹をくくったら動き出したとかなんとかいろいろと

書かせていただいていたのですが、

昨年の秋に腹をくくったことは、

「アートに戻る(アートをやる)」

ということでした。

 

 


 

 

エネルギーデトックスワークで不要なエネルギーを

どんどこどんどこ抜いていった結果、

自分にとって必要な、大事なものが残ったのですが、

やはり私は最終的にアートに行きついたわけです。

(もともと美大で現代アートを学んでいたので)

 

 

もともと私がスピリチュアルを学ぶ動機として、

当時仕事をやめられない状況のさなか、

学生時代に感じた「至高体験」をもう一度味わいたいなぁという

動機が魔法使い養成学校に出会ったキッカケでした。

 

 

 

その学生時代に体感した至高体験は、

作品のアイデアを思いついただけで

もう全身の血が沸騰するほどの超絶なワクワク感があり、

尚且つその後のビジョンが眉間からパァーーーーーっと開ける感じで、

とにかく何がなんでも、思いついたアイデアを「一刻も早く」

目の前で「カタチとして」作り上げたい!!!!という

動機で突き動かされる体験だったのですね。

一刻も早く見てみたい!!!!!という感覚に陥ったのは初めてでした。

 

 

実際その時思いついで出来上がった作品は

教授から助手さんから同期から

ものすごーく今までですこぶる良い評価をいただき、

太鼓判を押してもらった最高評価となったのです。

 

 

 

自分にとっても、ものすっごいワクワク感で、

とにかく目の前で作り上げて完成形を観てみたい、という気持ちは

もちろんのこと、

出来上がった状況も

いつまででも眺めていたかったし、

とにかくアイデアを思い付いただけで、

しかも作っていただけでも「生きててよかったーーーーー!!!!!」と

叫ぶくらい、とてつもなく嬉しくて涙が思わず出てくるような

体験だったのですね。

(盛ってない)

 

 

心理学を学んだメンタルでも、

至高体験談のディスカッションをするときは

必ずこの話をしているのですが、

魔法使い養成学校に入った動機も、

当時仕事が辛くてやめられなくてどうしようもなかった時に、

この至高体験をもう一度味わってみたい!!!

と思ったからなのでした。

 

 

ま、そこでもう一度の至高体験をスピに求めるのではなく、

私の場合は美術をやっていない限り、

手を動かしていない限りもう一度の至高体験って

味わう機会もないのかなと思ったのですわ。

と、言うわけでですね。

セラピスト活動を手放して

そちらにエネルギーを集中させたいなと思うようになったのです。

 

 

 


 

 

そして、セラピスト活動を続けながら、

私はそもそも人を癒したいのか?????という考えに至ったわけです。

やっていくうちに、

人がリラックスして喜んでもらえるのはすごくうれしいけれど、

あれ???

ちょっと違うなぁ????

自分はこっちのほうがワクワクするなぁ~???

というわけで

表現したいとか、観たい気持ちが勝ったのですね。

特に軽井沢へアート日帰り旅のあたりは

すでに気持ちが吹っ切れていました。

(それで一人で盛り上がって

年末にエネルギーデトックスワーク祭りをしていたのでした(^-^;)

 

 

これって、実際やってみないと分からなかったことだったんですよね( ^ω^)・・・。

もちろん、スピリチュアルも好きだからここまでやってこれたんですけれども、

提供する側となると今はいろいろと制限がある分

「癒し」「緩和」の提供のみになるというか。

 

 

 

もちろん、自分の施術で癒されて、

マイナスがゼロになっていくお客さんを

観てたり、反応を受け止めたりしていると

やりがいがあってすごくうれしかったのは

嬉しかったし、まじめに施術していましたしね。

が、自分の気持ちとしては

この先一生続けたいかというと違和感があったので

今回このような決断に至った要因かなと思います。

 

 

 

ま、セラピストをやめるとはいえ

それでも、たった1回のみしか1DAYセミナーに出ていないセラピストさんと、

もうすでに10回ほど出てスキルも格段に上がっている私の現状を比較すると

だいぶ力量的にもスキル的にも技術的にも差がついているので、

正直技術面・料金面に関しては

自信と実績があるのですが。

 


 

エネルギーデトックスワークは練習量に比例するし、

オプション有無によっても力量は格段に変わります。

(だから値上げしたというのもありましたが)

技術的なものって一朝一夕に培ったものではないのですからね。

 

エネルギーデトックスワークセラピストを選ぶ理由として、

価値観の違いというのは検討したほうがいいかなと思います。

 

 

価値観の違い、というと

よく「頑固おやじ」と言われるように、

年をとればとるほど価値観というのは固定化されていきます。

今までこうするべき、こうしなければならない、などは

(無意識的にでも)今まで親や世間体に植え付けられた価値観を

信じてきた信念、生きてきた結果であるのですね。

認定セラピストもブロック解除には取り組まれている方が多いですが、

完全にとは言い切れません。

皆違います。

 

 

そういった意味ではいろんなセラピストの施術を受けるのが

より効果的・効率的に抜けるし、

手っ取り早く他人のスキルを自分のセルフワークに

反映できる機会でもあるのかなと思います。

 

 

長くなったので次の記事へ続きます。