肉と白湯

 

昨年末にふるさと納税でお肉を大量に買ったんですね。

毎回ふるさと納税はお肉にしているんですが、

今回はちょっと脂身の多い豚肉。

 


 

脂身って基本的にあんまり好きじゃないので

食べないようにしていたんですが、

大量にあるので取り除いてられんわ!と吹っ切れまして。

 

 

小分けにして調理して

お弁当や夕食でパクパク食べ続け、

さすがにこれはヤバイかもなぁとおなかをさすりながら

久しぶりに体重計に乗ったら、

・・・なんと以前よりも痩せてました。

え、うそん。

 

 

 

豚の脂身って太るイメージありません??

なんでも豚肉の脂身はオレイン酸やステアリン酸、

リノール酸など

コレステロールを下げる脂肪酸が含まれているそうですよ。

確かに沖縄料理もラフテーや豚足など脂身たっぷりの

料理が多いけど長寿ですものなぁ。

 

 

未だかつてこんなに脂身をたべた機会はないというくらい

アレコレ調理して食べているんですが、

久しぶりに脂身を食べると「旨み」があって

おいしいんですね~~。

脂身食べると太る=思い込みだとわかったので

今まで思い込みで必要な栄養素を取りこぼしていたんだなぁと。

 

ま、なんでも過剰に摂取すれば体に悪いでしょうが、

ほどほどに適量を食べるのがベストですね。

 


 

 

この冬はお肉や豆、アボカドマイブームで

けっこうこってり濃厚系が多かった為か、

さっぱりと朝イチの白湯も再々ブームです。

 

 

胃の中からじんわりと暖かさが体内に広がっていくような

ポカポカ感があっていいですね。

体調の変化によって

甘さがあったり美味しかったりと

味の変化に伴って自分の体調の変化に気づける、

というのもポイントではないでしょうか。

バロメーターにもなる白湯。

たかが白湯、されど白湯。

 

デトックスで続けているもの



 

自分の体調は自分が一番分かっていますから。

お肉が大量にあるとしても、

たまにはさっぱりとお刺身が食べたい!とかあるあるですよね。

感情に振りまわされずに、

心も体もコントロールしていきながら

冬を乗り切っていきましょー。